〒615-8142
京都市西京区樫原畔ノ海道1-108

電話番号:075-391-8558

インプラント 審美歯科 歯列矯正 歯周病 親知らず 京都市西京区(桂駅 洛西口駅、向日市にも隣接)ひのくち歯科医院

ホーム医院紹介診療時間・地図 リンク集

親知らずの抜歯

インターネット予約システム webからいつでも簡単ご予約

パソコン、携帯電話からいつでもご予約頂けます。
また、予約確認や変更、当院からご希望する方法で連絡、案内を受け取ることができます。

歯科助手 歯科衛生士 募集

下のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。

このページの先頭に戻る
ホーム»  親知らずの抜歯

親知らずって何だろう?

親知らずって何だろう?

第3大臼歯のことをいいます。前歯の真ん中から数えて2番目までを切歯、3番目を犬歯、4・5番目を小臼歯、そして6・7・8番目が大臼歯です。第1大臼歯は、いわゆる6歳臼歯のことで6歳、第2大臼歯は12歳頃出てきます。この第3大臼歯は、一般的には18~22歳頃で、まれに30・40歳頃に出てくることもあります。「親知らず」の由来は、皆、親が亡くなってから出てきたためと言われています。また別名「智歯」とも言われ、これは成人になってかなり智恵がついてから出てきたためのようです。

親知らずの痛み

むし歯でないのに痛むのは、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に、歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたり、また歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こし、智歯周囲炎となります。すると口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。

現代人の親知らずと口の形

現代の人のアゴの骨は進化して小さくなってきています。しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わってはいません。ですから、一番最後に出てくる親知らずは、スペースが狭く正常には出てこない場合が多いのです。

一部分だけ頭を出しているだけであったり、斜めに傾いて出たり、アゴのなかで水平になったままのこともあります。このような状態になると、むし歯・智歯周囲炎・歯並び悪化・アゴの疾患である顎関節症の原因となります。また、下の親知らずが正常に出てこない時、上の親知らずは正常であっても上下がしっかりと噛み合っていないと、どんどん上の親知らずは下がってきて、下の歯肉にあたるようになります。

これらの理由から、本来歯はなるべく抜かずに残したいのですが、親知らずは残しておいて悪いことはしても、いいことは何もないのです。しかし、上下とも正常に出ていて、かつ噛み合っていれば無理に抜かなくてもいいのです。

現代人の親知らずと口の形

親知らずを抜いた後・・・

入れ歯などを入れる必要はありません。もともと歯が出るスペースがないのですから、入れ歯などを入れるスペースもありませんし、また、親知らずは無くても食事には全く影響はありません。通常は5・6番目の歯まであれば十分食事ができます。

ページトップへ戻る